2018/06/20

ニッコウキスゲに魅せられて♪ 「白山高原植物園」6/18/2018

「ニッコウキスゲ」という花を知っているだろうか。

一見すると「山吹色した百合の花」的な、それはそれは美しい花だ。
(アタシは好きだ)

じつは先週、ホワイトロードで出会っている。
      ↓
全線開通(6/15)間近!「白山白川郷ホワイトロード」を歩いてみたよ(^^♪

余りにもマイタイプだったせいだろう、モノ覚えの悪いこのアタシが、この花の名前を記憶していた。




余韻覚めやらぬ頃、上ってきたFB投稿、お友達がアップした写真には、群生するニッコウキスゲが写っていた!

一瞬でハートを射抜かれたアタシ

「う、美しい…この目で見たい!!」
居ても立っても居られず、魅惑の花園目指して現地へ走った!




そこは白山市白峰地区西山、にある「白山高山植物園」
絶滅が危惧される白山山系の植物を保護、研究するために作られたものだそうだ。

ニッコウキスゲを求めていざ!
遊歩道を歩く。



貸し出し用のストック



ここで、あろうことか、えーん(泣)!小雨が降ってきた!

折り畳み傘をさしながらのスマホ撮影とは…
でもまぁ、雨に濡れた木々の葉も花びらも、それはそれで綺麗♪



ヤマボウシ


ヤマウルシ


リョウブ


ヤマツツジ


ノギラン


ヤマモミジ


カエルのタマゴ?


早くニッコウキスゲに早く会いたい♪ 会いたくない♪ 

なんなんだ!まるで恋する乙女のようだ。
想えば想うほど、意識するほど歩みは遅くなる。

複雑な思いを抱きつつ歩いてきたらば、突如視界が開けた!
そこには、写真で見たあの、山吹色の絨毯!



ニッコウキスゲ――!



山の中のオープンガーデン!
以前は、ハゲ山だったという場所に、色とりどりの花たちが植わっていた。

まずは、珍住者のお出迎え!

蒲(ガマ)が生い茂る池の上に、モリアオガエルの卵を発見!
デカい! ちゃんと水の上空に産卵してる♪

受付で入園料金¥300を払って園内観察スタート!






初めて白山に登ったのが4年前
小さくて健気で、でも一生懸命、短い夏を謳歌している植物たちをそのとき初めて見た。

女性なら誰しもが発するだろう
「可愛い――♪」と

確かに可愛い、癒された、でも私はどーも名前を覚えるのが苦手だった。
その後、何度か御山に踏み入る機会があったにもかかわらず、一向に増えない花知識

ここは、植物園
露地植えの草木の足元には名札が一緒に植わってる

カメラを手にずっと撮り続けていた初老のオジサンが照れたように言う
「名前覚えれんし(花と名札)一緒に写すんや!」

同感、それなら少しは記憶に残るに違いない!



やはり貴女は女王さま💖 ニッコウキスゲ


釣鐘ガオが楚々として可愛い ヤマホタルブクロ


太陽に向かって咲いてる? 向日葵みたい!


どこか妖艶な雰囲気 タカネナデシコ


葉っぱもユニークな ハクサンタイゲキ


イブキトラノオ&ニッコウキスゲ



イブキジャコウソウ


イブキトラノオ


ムカゴトラノオ


センジュガンピ



ギザギザな葉もユニーク ハクサンフウロ 


白い綿毛が綺麗 タンナサワフタギ


 まぁるい頭が可愛い カラフトダイコンソウ


薄紫の尖がり帽子 クガイソウ


可憐! ハナギガナ   


クサボタン


シモツケソウ  


これはもう風格一押し ササユリ 


ヤマブキショウマ 


小振りだけど自己主張強そう クルマユリ


    










昆虫の名前か⁈ と見まごうような名前もあり

とにかく種類が豊富!
約50種類10万株の白山の高山植物が移植されている

あと、植物に生き物は付きもの、ということでみつけた可愛い奴ら!



お花畑にチョウチョは定番♪


ヘビかと思ったら足があった! 
ハイマツに佇む トカゲ君


アリに好かれた ヤマブキショウマ? 



こ、これは! 育ててるってことか⁈ 


やけにゲロゲロ鳴いてると思ったら…
見つけた! モリアオガエル








平日の昼間、来園客は高齢者が多かった。

ツアーで、夫婦で、友達同士で、園内を緩く伸びた歩道で足を止め、目を凝らし、写真を撮る風景があちらこちらにあった。


気が付けば2時間が過ぎていた。
そろそろ帰ろうとテントのほうに降りていくと、一人の男性に呼び止められた。

「お花畑のあめだま ¥300」 如何ですか?と…

何で、植物園で「あめだま」を売ってるか?
この植物園は、NPO法人( 白山高山植物研究会)が運営してて

この植物園の維持管理などのため資金をつくるべく「飴玉」を売っているのだと…
そうか、そーなのか、いや実は入園料が安すぎやしないかと思ってたとこだった。

自分の家の庭にいろいろ植えているひとならわかると思うが、植物と云うのは生き物だ。

水と太陽と適切な温度があれば、容赦なく伸びる!生える!増える!
落葉樹なら葉っぱも実も落ちる。

生きようとする、その法則は曲げられない

50種類もの品種を露地で混在させていながら、混雑している感がない
雑草が、わがもの顔でのさばってないってことだ。

生えては刈り、生えては抜く
余計な雑草軍団と戦い続けるボランティア要員は不可欠

そのひとたちは、おもに高齢者だとお兄さんが云っていた。
何はなくとも資金は必要

ここは自然に見えて自然の楽園ではない。
私たちに楽園気分を味わってもらうために、相応の努力を要しながら維持管理をしている。

また来年もこの風景が見たいなら、惜しんではいられないと思うわけです。
で、一袋購入(あとでもう2つ3つ買っとけばよかったと後悔…)

平日おススメ、飴玉はいっぱい買ってお土産にしましょうね~♪




さて下山、途中に分岐を発見!
展望台があるらしい、と知れば行かないわけにはいかないでしょ

ササユリやヤマツツジが所々にカオをのぞかせる林道沿いを600mほど歩くと広場に出た。


  





展望台というだけあって、小さいスケールながらもナイスビューが広がっていた。
ご丁寧に案内板まで設置してあって、その前に立ったのだけど、いかん!

午後2時、山にかかった雲は、ついぞ晴れることはなかった。
風もなく、じわっと肌に滲む汗を感じながら恨めしく彼方の山々を眺めた。

ホントならこの方向に、あの辺に、白山の頂きが見えるのに…






あー楽しかったー♬

「白山に 行ったつもりで (高山)植物園」字余り💦 

そう、行ってなくても行った気になれるパワースポット!

真剣に、花の名前覚えてみよーかなというひとも
単純に、お花畑でお姫様気分に浸りたい人も

おススメです「白山高山植物園」

たぶん、来年また
白山に登る前に、命の洗濯しに来ます。

バイバイ、ニッコウキスゲくん
次は白山やな( `ー´)ノ





この植物園、開園期間が短いです。
およそひと月しか動いていないようなので、要注意!

白山高山植物園
【30年度・一般公開】
6月1日(金)~7月16日(祝)
火曜休園 入場9:00〜15:00(16:00閉園)

入園料:「大人お一人300円」(高校生以下無料)
「高山植物保全協力金」として入口・受付テントでお支払ください。

アクセス http://hakusanmab.org/access.html
お知らせ http://hakusanmab.org/news.html


◆その他の白山周辺体験記 はこちら

-◇- -◇- -◇- -◇- -◇- -◇- -◇- -◇- -◇- -◇- -◇- -◇- -◇- -◇- -◇-

0 件のコメント:

コメントを投稿