2015/11/13

『~ならんこともないやろ~能登島にオリーブ!』

☆ Dream Night in 我楽 vol.63☆


『耕作放棄地』・・

過去1年間耕作されたことがなく、

今後数年の間に再び耕作する意思のない農地のことです。


高齢化、過疎化による人手不足でこういった遊休地が増えています。

能登島も例外ではありません。

水族館や美術館はどれだけ、いつまで、お金を生み出してくれるのでしょう。

この島が持つエネルギーを活用して他力ではない、自力の産業を生み出すことができたら・・


「能登島オリーブプロジェクト」!

能登島の遊休地を、島いっぱいのオリーブ畑に変える!


金沢から能登島に通いながら「農事組合法人ラコルト能登島」を切り盛りする“洲崎 邦郎”さんの想いはそれだけに留まりません。


◎ 能登島の耕作放棄地を解消したい

◎ 付加価値の高いイタリア野菜を作ることで新しいマーケットを作りたい

◎ 遊休農地にオリーブを植えて将来の産業になるように育てたい

◎ 島と都市を結ぶ交流ができるようにしたい

◎ 島の子供たちが島で農業ができる環境を整えたい


小さな島には大きな可能性がいっぱい!

能登島の魅力や価値、オリーブ王になる“野望”などをお伝えします。

洲崎さんの熱い想いを皆さん、聴きにいらしてください。


【講師メッセージ&プロフィール】

能登島の耕作放棄地を解消する活動をしています。
能登島をオリーブの島にしたい!
そして、ラコルト能登島の活動を通して、人や町が、元気になってほしいと願っています。


◎洲崎 邦郎 さん

農事組合法人ラコルト能登島 専務理事


☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

《 イベント後記 》

「農事組合法人ラコルト能登島」

(ラコルトとはイタリア語で“収穫物”という意味だそう)

七尾市に拠点を持ち、イタリアン野菜やコメ、オリーブの栽培を手掛ける会社の専務理事をされている“洲崎邦郎”さんが昨夜の講師。


とにかく忙しいかたです!

まず毎日3時間を使って金沢-能登島間を通勤しています。

休息日などありえないような肉体労働、営業や経理、そして取材などマスメディアの対応もこなします。

その洲崎さんが貴重な時間をさいて話してくれた、能登島にかける想い!

能登島を小豆島のようにオリーブの島にしたい!

というのは、一個人の絵空事ではないです。

それは自分の夢であって、自分だけのものではありません。

能登島に持続可能な農業を根付かせる

島の子供たちが島を離れることなく、農業を糧として生活できる未来を残す。

そのために自分が“肥やし”になるといった洲崎さん

生き方がカッコいいです!

島ひとつをまるごと変えてしまうくらい壮大なビジョン

その洲崎さんの到達点が、オリーブ畑の中にプチホテルを建てること

聴いてて楽しいから応援したくなります!

こんな応援(支援)のしかたがありますよ

「みんなで能登島にオリーブを植えよう」という活動をしています。

オリーブの苗木を一緒に植えませんか?

苗を植えたり、草を刈ったり、オーナーさんにだってなれます。

「ラコルト能登島」さんと洲崎さんの活動の様子はこちらで・・

       ↓
http://www.raccolto-ishikawa.com/index.html

https://www.facebook.com/Notojima1?fref=ts


現在、育てたネギの収穫と出荷作業に追われている洲崎さん!

~ならんこともないやろ~精神でこれからも頑張ってください!

ありがとうございました!^^

0 件のコメント:

コメントを投稿